厨二コンサルによる随筆的ブログ

コンサルへ転職・就職を目指す皆様へ/思考力高度化と生産性向上を目指す皆様へ

各コンサルファームへの転職と就活:外資戦略ファーム5社の比較(特徴と年収)

外資系戦略ファームの5社(マッキンゼー/BCG/ベイン/A.T.カーニー/ローランドベルガー)を特徴と規模/評価、キャリアパスと年収について、比較してみました。各ファームの紹介もご参考に。

マッキンゼー(McK)の特徴と年収
ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)の特徴と年収
ベイン・アンド・カンパニー(Bain)の特徴と年収
 A.T.カーニー(Kearney)の特徴と年収
ローランド・ベルガー(Roland Berger)の特徴と年収

f:id:iq84_wz20:20200712231911j:plain

外資系戦略ファームの比較に関する考察

・規模や存在感で言うとMBB、特に、グローバルでも国内でも、マッキンゼーとBCGの2強。
・国内では、BCGとマッキンゼーを追う、ベイン、A.T.カーニー、ベルガー。後者3者はグローバル程、国内の差はない。
・グローバルでの規模の戦いでは、A.T.カーニー、ベルガーは勝つ事は厳しい。特定領域にフォーカスしたブティック系ファーム色になっていく傾向と推察。

・相対的に、グローバルワンファーム志向が一番強いのがマッキンゼー。プロジェクトアプローチ、チーム組成、資料の書き方などの様々な仕組み・システムがグローバルで統一。
・一方、BCGはローカライズ化で国内企業向けに柔軟に対応。結果、国内市場の事業拡大に成功。日本人パートナー数などの見ると、国内で独立した経営権を保持しいてると推察。A.Tカーニー、ベルガーも相対的日本市場での売上比率は高く独立した経営権を保持している模様。
・グローバル⇔ローカリズムのという点で、ベインはその間。

グローバルベストプラクティスアプローチでのマッキンゼー
顧客に寄り添って課題を特定・課題解決をしていくBCG
企業価値向上の結果を標榜するベイン
オペレーション戦略と業務改革のA.T.カーニー
製造業(インダストリー4.0)強しで現場コンサルのベルガー

・戦略ファームのグローバル事業規模は、マッキンゼーを10とすると、BCGが8、ベインが5、A.T.カーニーが1-2、ベルガーが1以下ぐらいの規模で差がある。マッキンゼー、BCGは戦略コンサルティングだけ1兆円($10 Billion )ぐらいの売上規模で存在感が強い。
・国内事業規模だと、BCGを10とすると、マッキンゼーが8~9、ベインが3~4、A.T.カーニーとベルガーが2~3ぐらいの規模と推察。国内事業だと、BCGがマッキンゼーを逆転。

・グローバル評価ランキングでは、MBBは一つ抜けた存在。全体に加え、Strategy Consulting、Management Consultingのスコアで圧倒的な差がある。特に、Strategy ConsultingはMBBと#4のデロイトとは、3倍以上のスコア差がある。
・2020年は、僅差でマッキンゼーが1位、BCGが2位、ベインが3位になっているが、年によっては入れ替わる場合もある。

・国内における社員による企業評価では、MBBは5点満点中4.5以上と極めて高い評価。特に、ベインは4.85とコンサルファームで一番高い評価。
・一方、ベルガーが5点満点中3.69と、他コンサルティングファームと比較すると、低い評価

・キャリアパスと年収は、マッキンゼーとBCGはキャリアパスと年収は類似。最初の昇進で2倍程度で1,000万円を超える。マネジャーで2,000万円を超える。プリンシパル、パートナーは実力次第で青天井。
・年収的には、マッキンゼー/BCG>ベイン/A.T.カーニー≧ベルガー≧総合ファームの戦略チーム。
ベインA.T.カーニーベルガーはマッキンゼーとBCGと比較すると、ネジャーまでは自ファームでじっくりと育てる傾向。

ご参考

・戦略、総合、IT系などの各ファームのサービスの違いは「コンサル一覧と実情:全コンサルティングファーム俯瞰図」を参照。
・戦略ファームの全体像については、「コンサル一覧と実情:戦略ファーム編」を参照。
・評価に関するランキングについては、「コンサルティングファームのランキング:評価編」を参照。
・コンサルに興味がある程度で、まだ業界研究や具体的な仕事を知らない方は「コンサルタントになる前に読んだ方が良い本」を参照。