厨二コンサルによる随筆的ブログ

コンサルへ転職・就職を目指す皆様へ/思考力高度化と生産性向上を目指す皆様へ

論理的思考力を鍛えるための本:推薦16冊

ロジカルシンキング、フェルミ推定、仮説思考など論理的思考力を鍛える本を紹介します。
読み易さとしての「難易度」、具体的な方法論から考えるとは「抽象度」の2軸で整理してみました。

f:id:iq84_wz20:20200522162934j:plain

鍛え方:How

メモの魔力 The Magic of Memos (NewsPicks Book)

メモの魔力 The Magic of Memos (NewsPicks Book)

  • 作者:前田 裕二
  • 発売日: 2018/12/24
  • メディア: 単行本
 

・石原さとみさんの元彼でも有名なSHOWROOM代表の前田裕二さんのベストセラー本。
・メモというアウトプットを通しての、インプット→プロセス→アウトプットの具体的なやり方などを丁寧に解説。

 

・「メモの魔力」でも紹介されている「具体⇔抽象」の思考力を鍛えるためのトレーニング本。
・コンサルタントにとって、具体化⇔抽象化の思考力は、サッカー選手におけるボールコントロールみたいなものなので、訓練する事に損はなし。

 

・元マッキンゼーの渡辺健介さんがロジカルシンキング・問題解決の考え方を中高生にもわかるように解説した本。
・コンサル業界の手法をマス向けに分り易さを追求した本。問題解決の考え方や手法を可愛い絵や図、グラフを用いて具体例で説明。

 

・戦略コンサルファームの就活/転職対応本と化している本。フェルミ推定に加え、ケース問題もセットでお薦め。
・コンサル志望でない方も、論理的思考力の練習問題はあまりないので、こちらの本でトレーニングするのも一案。

 

理科系の作文技術 (中公新書 (624))

理科系の作文技術 (中公新書 (624))

  • 作者:木下 是雄
  • 発売日: 1981/09/25
  • メディア: 新書
 

・理系の論文作成をした方にはお馴染みの本。
・仮説の検証を説明するために、論理的に文章を書くために具体的な技術などを解説。

 

コンサル一年目が学ぶこと

コンサル一年目が学ぶこと

  • 作者:大石 哲之
  • 発売日: 2014/07/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

・コンサル就活/転職した方が良く本。
・コンサル業界以外の方にも共通して参考になる部分も多いです。20代の方中心にお薦め。

 

考え方:What

シンプルに結果を出す人の 5W1H思考

シンプルに結果を出す人の 5W1H思考

 

5W1Hは極めて基礎的でシンプルですが、これをきちんとできている人は少ない。
・基礎こそ本質が詰まっているので、この本での振り返りも良いと思います。

 

・「問題解決の授業」が中高生向けなら、こちらはビジネスパーソンをターゲットとした本。
・物語と解説がセットになっており段階的に学んでいくスタイルで読み易い構成。

 

イシューからはじめよ――知的生産の「シンプルな本質」

イシューからはじめよ――知的生産の「シンプルな本質」

  • 作者:安宅和人
  • 発売日: 2010/11/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

・脳科学、元マッキンゼー、ヤフーCSOの安宅和人さんの名著。
・問題(イシュー)を定義する事の重要度を分かり易く説明。ロジカルシンキング本で一冊ならこの本がお勧め。

 

ロジカル・シンキング (Best solution)

ロジカル・シンキング (Best solution)

 

ロジカルシンキング本の元祖。この本からロジカルシンキングという言葉が定着化。コンサルティングファームの知名度向上に貢献。

 

仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法

仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法

  • 作者:内田 和成
  • 発売日: 2006/03/31
  • メディア: 単行本
 
論点思考

論点思考

  • 作者:内田 和成
  • 発売日: 2010/01/29
  • メディア: 単行本
 

・元BCGの日本代表の内田和成さんの本。「仮説思考」という言葉は聞いた事があるけど、具体的にどういう事を理解するためにはこの本が良いです。
・「論点」と「仮説」はセットなので、「論点思考」もセットで読むとより理解が進みます。

 

入門 考える技術・書く技術――日本人のロジカルシンキング実践法

入門 考える技術・書く技術――日本人のロジカルシンキング実践法

  • 作者:山崎 康司
  • 発売日: 2011/04/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

・世界共通で、多くのコンサルティングファームで教科書になっている本。
・但し、日本語訳の問題もあると思いますが、少し読みづらいです。入門編からでも十分です。

 

考えるとは:Why

直観を磨く 深く考える七つの技法 (講談社現代新書)
 

・思考力、考えるで多くの本を出している多摩大学大学院教授の田坂広志さんの最新本。
・田坂さんの本は多数ありますが、比較的メッセージが近いので最新本をご紹介。

 

知の体力 (新潮新書)

知の体力 (新潮新書)

  • 作者:永田 和宏
  • 発売日: 2018/05/16
  • メディア: 新書
 

・細胞生物学者、京都大学名誉教授であり、歌人でもある永田和宏さんの本。
・論理的に分り易いの加え、心に刺さる表現力に感嘆します。個人的は名著である「思考の整理学」よりこちらの方が好きです。

 

思考の整理学 (ちくま文庫)

思考の整理学 (ちくま文庫)

 

・東大生、京大生にはお馴染みの「思考の整理学」
・薄い本なので2、3時間で読めると思います。一回読んだだけだと、頭に入らない所もあると思うので、何回か読み直す事でより深い理解に 。

 

「原因」と「結果」の法則

「原因」と「結果」の法則

 

ビジネス書における「古典」。世界的なベストセラー本。
・自己啓発、哲学的な要素も強いです。なぜ、論理的思考力を身に着けたいのかと原点に帰る時に読み直す本。

本を月2冊以上買う方へのお薦め

・アマゾンの読み放題サービス”kindle unlimited”サービス。月1冊以上読むならお得です。

・本を買ったが読んでない本が溜っているなら、要約サイト ”flier (フライヤー)”もお薦め。